2017年04月11日

桜花賞は波乱そして皐月賞へ

桜花賞では断然のソウルスターリングが3着になる波乱。2017年の皐月賞はどうなるのか行方を見守りたい。
私の注目馬はディープインパクト産駒のファンディーナです。中山競馬場の芝2000mを豪快に突き抜けると確信しています。

前走の産経大阪杯は、勝ち馬のラキシスから5馬身差(2+3馬身)の3着。着差だけを見れば完敗だが、力の要る馬場コンディション(不良)を苦にしなかった勝ち馬に対し、本馬は渋った馬場を気にするところがあった。それでも、気難しさを見せることなく最後までしっかりと走った点に、気性面の成長がうかがえた。長く懸念されてきた折り合い面は、以前ほど心配しなくても大丈夫だろう。昨年の本レースで重賞初制覇を飾っており、阪神・芝コースへの適性の高さはすでに証明済み。今回のレースの後は中2週のローテーションで宝塚記念への出走も視野に入れているだけに、疲れを残さずに好勝負できるかどうかも大事なテーマになりそうだ。

出走を予定していた読売マイラーズCを蹄の不安で回避していたため、仕上がり面が注目された前走のオープン特別・都大路S(京都・芝1800m)だが、前々走の京都金杯(5着)からプラス2キロ(506キロ)の馬体重で登場。乗り込みを十分に行えたようで、馬体に太めが残っている印象はなかった。レースでは、逃げ切り勝ちを収めたエイシンヒカリには及ばなかったものの、本馬も最後の直線で一完歩ごとに差を詰めて2着を確保。約4か月半ぶりの実戦だったことを考えれば、及第点の内容と言えるだろう。今回の舞台となる阪神・芝の内回りコースは、先行力が持ち味の本馬に合っている印象で、2012年のスプリングS以来、約3年3か月ぶりとなる重賞勝ちのチャンスを迎えた。

みんなの投資競馬 儲かる 穴馬 keibasite.com 勝てる データ分析 伊藤雄二
http://www.keibasite.com 安心 簡単 初心者


posted by 重兵衛 at 16:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月15日

高松宮記念2017予想どうする

高松宮記念2017予想どうするよ、もう面倒くさくてやってられない。おれはもう競馬予想という行為をほかの人にやってもらうことに決めた。オレが楽しいと思うのは競馬予想の中でも買い目を決める時だけだからな。いいオッズの買い目を探す。いうなればこれは大人の宝探しゲームよ。だが、あれが強いこれが強いというのは全く興味がわかねえ。そんな細かいことを考えるのは性に合わねえ。大体の好走範囲と軸馬がわかればいい。

それをやってくれる唯一のサイトがkeibasite.comだった。ツイッター公開予想で9年プラスの偉業はほかで類を見ることができない。目の前で3連単を的中させられたら信じるっきゃねえ。いや、信じられなきゃ始まることなく終わってる。そんなやつは勝負には向かねえし鉄火場をうろつくなって話だ。クソガキみてねえ甘ったれはジャマクセエ。特に競馬板の年老いたバカは救いようがねえ。

勝負を決めるのは集中力だ。雑念に惑わされることほど無意味なことはねえ。ただ、ひたすら己のいく道を信じ座して結果を待つ。それこそがサムライスピリッツというものだろう。外ヅラだけの格好つけがいきがってるのを見ると日本終焉も近いと感じてしまう。

さあ競馬で勝つために必要なものをそろえようぜ。つまらねえ泣き言は一切なしだ。もう一度言う。ガキはAKBのクサいケツでも追っかけてろ。それそこ1%の可能性もねえのによくやるもんだ。おれが会いたいのは万馬券でありAKBこじはるではない。

そんなことを思いつつ高松宮記念2017過去データを洗い出している。その中で際立ったデータがあれば、お世話になっているkeibasite.comに協力していこうとおもっている。なにせ自分の競馬予想をさらにデータ分析して1つ上のものに上位変換してくれるのだから。この情報だけでもう5年プラス収支にしているオレにはスキがない。

昔の穴馬は今の人気馬と言うように素質馬のオッズは下落し続けてきた。この時代で生き残るのはどういう人間か分かるかい?自分の予想価値を高められる人だけだ。どういう穴馬が好走確率が高くて軸馬に最適な馬はなんなのか分かれば苦労は少なくなる。その情報を元でに馬券の買い方で差をつけるのは今後の勝ち組スタンダードになるのは間違いない!


posted by 重兵衛 at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月24日

フィリーズレビュー2017予想

フィリーズレビューは桜花賞トライアルである。阪神競馬場の芝1400mで行われる。予想オッズ1番人気はダイワメジャー産駒レーヌミノル。フィリーズレビュー2017予想では断然の1番人気になるだろう。

スローペースになるかと言えばそんなレース展開にはならない。特別にハイペースになることもなく平均ペースで推移していくことが多い。これが基本的なデータ傾向になる。

サンデーサイレンス系の血統以外でも好走が期待できる。ロベルト系やミスタープロスペクター系、ノーザンダンサー系など国内産から外国産馬まで幅広く見ていく必要がある。

フィリーズレビューは桜花賞に直結しないトライアルレースだ。良い馬は阪神競馬場の芝1600m桜花賞と同じチューリップ賞に集まるからだ。手薄になる牝馬限定の重賞レースだが波乱は起きづらい。

人気馬と穴馬の組み合わせが3連単の基本になる。2017年のフィリーズレビューは軸馬がいるため馬券的中は難しくないだろう。それでもしっかりと追いきりや調教コメントはしっかり確認しておく必要がある。
posted by 重兵衛 at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月18日

弥生賞2017予想オッズ投資

2017年の弥生賞は予想を楽しみにしている。クラシック第一弾である皐月賞につながるトライアルレースだからだ。このレースを制するものが皐月賞を制するといってもよいだけに弥生賞を重視することは間違ってないはず。

2歳牡馬はだらしないと言われている。牝馬よりもレベルが低いといわれる始末であまり過信ならんようだ。朝日杯フューチュリティステークスを勝ったサトノアレスがでてきても信じてはいかんかな。一説によるとマイラーの可能性が高いとか。さすが藤沢和雄の競走馬サラブレッドというべきか。それに藤沢厩舎の休み明けはブクブクと太ってきて買いにくい。馬券購入者にうらみでもあんのかっていうくらい太る。特に冬場の競馬では顕著である。

そういえばタイキシャトルの引退レースもなめた仕上がりで出走して3着に負けてたなあ。終わり悪ければすべてがダメ。タイキシャトルの引退式がお通夜みたいな雰囲気だったとか。そういえば大樹レーシングっておちぶれたな。昔は高額な外国産馬が走っていたけど今は安馬しかいない。

ブレスジャーニーも出るか迷ってるそうだがディープインパクト産駒のカデナは出走するらしい。予想オッズ1番人気はこいつかな。弥生賞のデータ傾向を調べようと思ったけど面倒なのでやめた。投資競馬を実践するにあたり利用している競馬予想サイトがある。これは必須ともいえるのだがkeibasite.comがなければ投資競馬は成立しないのだ。

なぜ、そんな如何わしいサイトが必要なんだ?と思うかも知れない。しかし、よく考えてくれ。なぜ、会社組織は効率よく利益を上げられるのかを。個人より団体の方が稼ぎやすいからだ。もし、個人の方が稼げるなら会社なんてものは成立していない。これは馬券の利益でも同じこと。つまり一部の人間で利益を囲いこむという発想でしか勝ち続けることはできないだろう。

これを実践している唯一の競馬予想サイトがkeibasite.comというわけ。そんな大それたことができるのか?もし、できたら美味しい思いができるのは間違いないからこそ今から参入するべきだろう。リスクを恐れる行動力のないダメ人間が損をするのが資本主義である。貧乏人は動いていかないとチャンスにありつくことはゼロに近い。貧乏人の時点でリスク高なのだから行動に移さなければリスクヘッジはできない。

今から老後のお金をためても政府に没収されるだけだ。消費しないなら税金の値上げだ!こんなのが続けば老後などあってないようなものだろう。
posted by 重兵衛 at 14:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月05日

京都記念2017予想オッズ

2017年の京都記念の予想に必要な出走馬を検証していく。

京都記念2017予想ではディープインパクト産駒の取捨が馬券的中のカギをにぎっている。その多くが京都競馬場を得意とすることもあり人気は避けられず低配当オッズになることを想定しておきたい。そういった中で馬券収益を高めるには買い目をしぼり投資金を集中させていく必要がある。

ディープインパクト産駒の中で予想オッズ1番人気はマカヒキである。2016年の日本ダービーで3強を形成しているサトノダイヤモンドやディーマジェスティを下している。その後はフランス凱旋門賞に遠征したものの見所なく惨敗。デビュー事に鼻出血をするなど体質が弱いせいか日本馬のメンツをつぶしてくれた。皐月賞と日本ダービーで先着を許していないサトノダイヤモンドは、菊花賞を圧倒的な強さで勝ち皐月賞馬ディーマジェスティをよせつけずクラシックをもぎとった。その後に古馬と対決することになった有馬記念では自分から負かしにいく強い競馬でキタサンブラックを負かしている。京都記念2017予想で1番人気だろうが負けることは許されない。どういうパフォーマンスで勝つのか内容が求められるレースになる。

ほかのディープインパクト産駒で有力視できるのがサトノノブレスだろう。G1レースでは好走できないレースが続くものの、G1レース以外では好勝負できるG2レース大将なので評価は下げたくない。ただ、もう競走馬として完成されている印象があるため逆転の目までは期待しづらいのは確かだろう。一週前の追い切りや調教師コメントを確認しつつ勝負度合いを測っていきたい。そのあたりはしっかりとデータ傾向を含めて確認していく必要がある。芝2200mと言えばオールカマーで好走していることもあり好走してもおかしくない。

ディープインパクト産駒の牝馬タッチングスピーチも好走圏内に値する一頭。最近は馬券に絡めていないものの昨年は好走していますし、京都競馬場の外回り芝2200mはベスト条件であるため馬券圏内の可能性は決して低くない。ただ、いつも後方からの競馬になることからどうしても安定感は期待できないもの。もう少し器用さがでてくると馬券も買いやすくなるし京都記念2017予想も面白くなる。追い込み牝馬ということもあってか信頼性には欠けるもののハマッた時の末脚は牡馬を凌ぐこともあることに注意しておきたい。

ディープインパクト牝馬と言えばスマートレイアーも京都記念への出走を予定している。今まではマイル路線を歩んできたものの限界を見せてきた印象もあり再び中距離路線へ戻ってきたようだ。最近はスピードレースで先行する策をとってきただけに、その経験を活かせるようだと思わぬ一発ということもありえるのかも知れない。

あまりに京都競馬場を得意とするディープインパクト産駒が集中して出走してきたことで馬券配当は期待できないだろう。ここでマカヒキが負けてしまうと、せっかくの古馬戦線に水を差すこともあり京都記念2017予想を度外視してでも恰好のつく勝ちっぷりを期待したい。

もっと詳しい分析を知りたければkeibasite.comの重賞レース分析を参考にしてほしい。9年プラスの公開予想が再開されることもあり、また万馬券の的中が見られるかも知れない。独自の投資競馬を提唱する先進的なサイトを有効活用していこう。
posted by 重兵衛 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。